「明石家紅白」小林幸子の“あの超巨大衣装”NHKホールに降臨!さんまの度肝抜く

[ 2019年11月28日 17:00 ]

「第7回明石家紅白!」に出演、超巨大衣装を披露する小林幸子(C)NHK
Photo By 提供写真

 明石家さんま(64)が司会を務めるNHKの音楽特番「第7回明石家紅白!」が12月21日(後7・30~8・43)に放送され、本家の大みそか「紅白歌合戦」の名物、歌手・小林幸子(65)の超巨大衣装が東京・渋谷のNHKホールに降臨することが28日、分かった。

 会いたいアーティストを招いて聴きたい曲をリクエストし、トークを繰り広げる“さんま版紅白”。2016年11月に放送された第1回は、さんまが約30年ぶりにNHKに本格出演し、話題を呼んだ。

 今回のゲストは小林をはじめ、さんまと11年ぶりのテレビ共演となる工藤静香(49)、Toshl、「いきものがかり」「Foorin」「Little Glee Monster」「甲斐バンド」の7組。

 今回は、特別企画として小林がサプライズ登場。第7弾にして本家・紅白が行われるNHKホールで番組初収録するとあり「これぞ紅白だ!」という超巨大衣装を用意。紅白でも最も話題となった「あの衣装」でNHKホールに現れ、すぐそばで目にしたさんまの度肝を抜く。

 小林は紅白には1979年から33回連続出場。2015年、特別出演で4年ぶりにカムバックした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース