髪10センチバッサリ!岡田結実 空気の読めない学校一の…を演じる

[ 2019年11月28日 05:00 ]

テレビ朝日ドラマ「女子高生の無駄づかい」に主演する岡田結実(左から2人目)
Photo By 提供写真

 女優の岡田結実(19)が、来年1月放送のテレビ朝日連続ドラマ「女子高生の無駄づかい」(金曜後11・15)で、空気の読めない学校一の「バカ」を演じる。

 同名漫画が原作で、個性派ぞろいの女子高生たちが高校生活を無駄に過ごしていく姿を描く学園コメディー。岡田が演じるのは、本能のままに行動する問題児で、周囲から「バカ」というあだ名で呼ばれる主人公だ。

 役に合わせて髪を10センチ以上切り、変顔、ガニ股、下ネタと何でもありの「バカ」役に気合十分。「ますだおかだ」岡田圭右(51)を父に持つコメディエンヌが「皆さんの金曜日を笑いに変えたいと思います」と意気込んでいる。

 同級生の友人で、アニメオタクの「ヲタ」役で恒松祐里(21)、ポーカーフェースの「ロボ」役で中村ゆりか(22)が共演する。 

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース