玉川徹氏 「桜を見る会」主催の首相に「国会でしゃべって。明細も出して」

[ 2019年11月28日 12:07 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が28日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。首相主催の「桜を見る会」を巡り“私物化”疑惑などの追及の声が高まる中、安倍晋三首相が、会の前日に開かれた夕食会の開催経費などを示す明細書について「事務所に確認したが、そうしたものはない」としていることについて言及した。

 ホテルニューオータニで行われた夕食会の会費5000円について、首相は「参加者が直接支払っている。事務所にも後援会にも入金はない」と説明。会費が1人5000円だったことには「安すぎるとの指摘があるが、大多数がホテルの宿泊者という事情を踏まえてホテル側が設定した価格だ」と強調している。

 玉川氏は「透明度を上げてもらいたいだけなんですよ。透明度さえ上げてもらって全部明らかになれば“あっなるほど、そうだったのかって終わる話」と指摘。その上で「それをぜひ国会にやってもらいたい。それを出して“何の問題があるんですか”って。(国会は)あとちょっとで終わっちゃうんですけど、また時間がありますから、1日で済む話ですからね。“何のやましいことはない”っておっしゃってるんですから国会でしゃべっていただくと。で明細も出していただくと。もしかしたら1時間で終わる話ですから、ぜひやっていただきたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース