櫻井翔 “マブダチ”元ラグビー日本代表主将・廣瀬俊朗氏の活躍に警戒心!?「こっち来んな」

[ 2019年11月28日 20:21 ]

元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗氏
Photo By スポニチ

 元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗氏(38)が28日放送のフジテレビ「VS嵐」(木曜後7・00)に出演、“マブダチ”の嵐・櫻井翔(37)から「こっち来んな!」と愛あるイジリを受けていた。

 櫻井&廣瀬氏の2人は慶大の同級生。TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」での熱演も話題になった廣瀬氏について、櫻井は「ドラマを1話見終わってすぐに連絡した。めっちゃ感動した」と明かした。

 さらに櫻井は「その時期、ラグビーの現場に行くと、廣瀬が『国歌斉唱プロジェクト』という、日本じゃない国の国歌を歌うという企画をやっていた。(ラグビー)会場へ行くと、歌を歌っているし、テレビつければ芝居もやっている。こっち来んなって感じなのに、ついに『VS嵐』まで? ドンドン、ドンドン(こっちに来る)」と、廣瀬氏のタレントとしてのポテンシャルに警戒を隠さなかった。

 今回は、廣瀬や元ラグビー選手で俳優の佳久創(29)、小島瑠璃子(25)らが“チームラグビー"として代表ジャージに身を包んで参戦、「このジャージを着てると負けられない」と熱戦を繰り広げた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年11月28日のニュース