反町隆史 初の弁護士役「現場でふっと飛ぶ瞬間があって難しかった」

[ 2019年7月19日 05:30 ]

ドラマ「リーガルハート」会見に出席した(左から)橋爪功、和久井映見、反町隆史、小池栄子、堀井新太
Photo By スポニチ

 俳優の反町隆史(45)が18日、都内でテレビ東京ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」(22日スタート、月曜後10・00、初回のみ後9・00)の記者会見に臨んだ。

 自身初の弁護士役。せりふ量が多く「完璧に頭に入れているつもりでも現場でふっと飛ぶ瞬間があって難しかった」と苦戦。それでも「ドラマのテーマとして絶対に諦めない気持ちでやった」とアピールした。妻役の和久井映見(48)とは97年のフジテレビ「バージンロード」以来22年ぶりの共演となる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年7月19日のニュース