テレ朝・玉川徹氏 宮迫の引退決断に「宮迫さんを使ったりできない、テレビも…」

[ 2019年7月19日 11:01 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の玉川徹氏が19日、同局「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に生出演。スポニチ本紙が1面で報じた、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が引退を決断したことについて言及した。

 番組では、特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で、当面の謹慎処分となっていた宮迫が引退を決断したことを報じた本紙1面を紹介。宮迫は、6月の問題発覚以降、所属の吉本興業と話し合ってきたが、広がり続ける騒動にけじめをつけるために決断し、同社に申し出た。同社が契約解消に踏み切る可能性もある。周囲によると「相方の蛍原(徹=51)さんも引退の意向を聞いたそうです。“つらいけど宮迫が決めたことだから”と話していたと聞きました」という。ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の進退についても協議中。会見は未定となっている。

 決断の要因の一つとなったのが、19日発売の写真週刊誌「フライデー」に掲載された16年7月に福岡県で約7億5000万円相当の金塊を強奪したグループの主犯格である男と宮迫の集合写真。玉川氏は「(宮迫)本人が(反社会的勢力とは)知らなかったという話を信じていた。そういうこともあり得るだろうと。本人が知らないのに、かなり長い間、謹慎っていうのはきついのではないかと思っていた」とした上で、今回の報道について「いわゆる密接交際者である可能性まで疑われてしまう。法律ではなくて条例なんですけど、今はこういう暴力団などと付き合うこと、付き合っている一般人も責任をある種問われるような時代になってきている。そうなると、このあともう仕事がない。宮迫さんを使ったりできない、テレビとかもなかなか…。だから、そういうことも含めて引退ってことなのかなという感じ」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月19日のニュース