宮川大輔 腰を打撲 約2週間の加療 TBS「炎の体育会TV」収録で

[ 2019年7月19日 05:30 ]

宮川大輔
Photo By スポニチ

 TBSは18日、タレントの宮川大輔(46)がバラエティー番組「炎の体育会TV」の収録で、腰を打撲するケガを負ったと発表した。約2週間の加療が必要だが、仕事への支障はないという。

 局によると、坂をボードに乗って滑り降り、ジャンプする競技を実施。宮川はリハーサル時にウレタンマットに着地する際にバランスを崩し、マットの下にあった木製の台の角に腰を打ち付けた。同社は「大変申し訳ない。安全管理をさらに徹底する」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月19日のニュース