志らく 本紙の宮迫引退決断報道に「本人の口から聞きたい」

[ 2019年7月19日 11:19 ]

落語家の立川志らく
Photo By スポニチ

 落語家の立川志らく(55)が19日、コメンテーターを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」(月~金曜前10・25)に生出演。スポニチ本紙が1面で報じた、雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が引退を決断したことについて言及した。

 番組では、特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で、当面の謹慎処分となっていた宮迫が引退を決断したことを報じた本紙1面を紹介。宮迫は、6月の問題発覚以降、所属の吉本興業と話し合ってきたが、広がり続ける騒動にけじめをつけるために決断し、同社に申し出た。同社が契約解消に踏み切る可能性もある。周囲によると「相方の蛍原(徹=51)さんも引退の意向を聞いたそうです。“つらいけど宮迫が決めたことだから”と話していたと聞きました」という。ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の進退についても協議中。会見は未定となっている。

 決断の要因の一つとなったのが、19日発売の写真週刊誌「フライデー」に掲載された16年7月に福岡県で約7億5000万円相当の金塊を強奪したグループの主犯格である男と宮迫の集合写真。志らくは「最初の件に関しては、とにかくウソをついてしまったっていう、これが世間からすると到底許せることじゃないと。謹慎というのは当然」とした上で、「今回のことは、フライデーのいってることが全部本当であるならば引退も仕方がないかなという事柄だけど、会見を開いて…。写真を撮っただけなら、ただガラの悪い人に頼まれたら断りづらいわけじゃないですか。ちゃんと自分の口から言っていただかないと」と指摘。そして「はたして引退なのかどうか、本人の口から聞きたい」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月19日のニュース