小倉智昭氏 “日本人お断り”ラーメン店に「ちょっとやりすぎなんじゃないか」

[ 2019年7月15日 12:40 ]

小倉智昭キャスター
Photo By スポニチ

 キャスターの小倉智昭氏(72)が15日、MCを務めるフジテレビ「とくダネ」(月~金曜前8・00)に生出演。沖縄・石垣島にあるラーメン店が「日本人お断り」の張り紙をし、賛否を呼んでいる問題について言及した。

 番組によると、そのラーメン店にはこれまで「よそで買ってきたものを食べていた」「人数分を注文しない」「“1人1杯”にもクレーム」など、マナーの悪い日本人観光客が増え、店主は対応として、7月から9月末までの3カ月間、観光客と常連客を含む日本人客の入店を拒否する張り紙を店に掲示したが、その後クレームの電話が殺到しているという。

 小倉氏は「病気で胃を取った人だっているじゃないですか。“ほんのちょっとしか食べられないから2人で大盛りを頼んでちょっと食べたい”って」などと“客側の事情”も例に挙げつつ、「お店の都合もあるんだよね。1人1杯食べてもらわないと収支が合わないとかね」。

 また、自身もハワイのラーメン店オーナーを務めている小倉氏。日本人の店員が他国の客にうまく対応できず、クレームが来たという経験から「現地じゃないと分からないこともあるから」としたうえで「なんでもかんでも日本人お断りっていうのは、ちょっとやりすぎなんじゃないかと。個々にきっちり対応したら良いと思う」と語った。

 社会学者の古市憲寿氏(34)は「自分の所属しているコミュニティーではすごい上品にしてるけど、一歩外に出ると好き勝手にやるっていう人がいるのは分かる。だから、石垣島っていう所で開放的になって、普段マナーを守っている人も自由になっちゃうのは分かるかなという気もする」と持論を披露した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月15日のニュース