生島ヒロシ マッサージで人生初の骨折「肋骨の9番と10番に…」

[ 2019年7月15日 11:06 ]

フリーアナウンサーの生島ヒロシ
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの生島ヒロシ(68)が15日放送のTBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食&一直線」(月~金曜前5・00)に出演し、マッサージを受け、肋骨(ろっこつ)骨折をしたことを告白した。

 「ダンシングヒーロー」を流す中、「踊りたくなるんですけど、実はですね、踊れない事情がありまして」と切り出した生島。「僕、今まで骨を折ったことないんですけど、生まれて初めて肋骨の9番と10番にポコッと骨が凹んでいて…。(医者に)『これでゴルフでもやったらポキッと音がすると思います』って言われて。なんか、土曜日(13日)にマッサージを受けて、イタタタッって。痛いなと思ったけど、一生懸命やってくれていて、だんだんおなか痛くなってきちゃって」と告白。

 新しいゴルフクラブが手に入り、誘われたこともあり、きょう15日に、久しぶりにゴルフに行くことに。14日に準備をし「痛いけど大丈夫だろうなと思って、素振りをしたら、アタタタタッって(なった)」。その後、信頼している接骨医のドクターに見てもらったところ「生島さん、見てください、凹んでるでしょ?スイングしたらポキッっていいますよ」と骨折が確認されたという。

 「今は、さらしを巻いて、コルセットをしているんですけど、笑っただけでもいたい。ヒビも骨折も一緒ですからね。一生懸命やっていただいたんですけど…。寝ちゃっているとダメみたいですね、気合が抜けちゃった。まあ、ちょっと困っちゃったわ」と嘆いた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月15日のニュース