国分太一 キンプリの歌詞変更に気づいたマネジャーに驚き「僕らの曲はそんなに覚えてないと…」

[ 2019年7月15日 13:06 ]

TOKIO国分太一
Photo By スポニチ

 TOKIOの国分太一(44)が15日のTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に出演。「King&Prince」が13日のTBS「音楽の日 第1部」でデビュー曲「シンデレラガール」の歌詞の一部を変更したことについてコメントした。

 車での移動中に「音楽の日」を見ていたという国分。その中で「King&Prince」の平野紫耀(22)が歌詞を変更した時に「マネジャーが運転しながら(モニターも見ずに)『今、歌詞間違えました』って言ったんですよ」と、マネジャーが歌詞の違いを指摘したことを明かした。しかし「(平野は)間違えたんじゃなくて、メッセージをあえて伝えていたんですね」と、9日に87歳で亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長へのメッセージを込めた歌詞変更だったと話した。

 続けて「TOKIOの担当マネジャーが、King&Princeの歌詞を全部覚えていることに驚いた」とし、「たぶん僕らの曲は、そんなに覚えてないと思うんですよね」と言って笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月15日のニュース