海老蔵、16日も休演 昼の部「素襖落」右團次が出演、「外郎売」は演出変更

[ 2019年7月15日 19:41 ]

歌舞伎俳優の市川海老蔵
Photo By スポニチ

 15日に急性咽頭炎のため予定していた歌舞伎座「七月大歌舞伎」夜の部「星合世十三團(ほしあわせじゅうさんだん)を休演した歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)が、16日の昼の部と夜の部も休演すると、15日夜に歌舞伎座が発表した。

 昼の部「素襖落(すおうおとし)」の太郎冠者(たろうかじゃ)役は市川右團次(55)が代役出演、「外郎売(ういろううり)」は一部演出を変更。海老蔵が13役の早替わりに挑戦している夜の部「星合世十三團」は公演を中止する。

 海老蔵の「七月大歌舞伎」は人気公演で、今月4日に初日を迎えた。昼の部「外郎売」では、長男の勸玄くんが貴甘坊(きかんぼう)役に挑戦し、注目を集めている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月15日のニュース