国分太一 ジャニーさん「家族葬」で司会 「明るい葬儀にしませんか?」滝沢氏から提案

[ 2019年7月15日 12:47 ]

ジャニー喜多川さん
Photo By 提供写真

 TOKIOの国分太一(44)が15日放送のTBS「ビビット」(月~金曜前8・00)に出演。9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)の「家族葬」が12日に営まれたことについて言及した。

 この「家族葬」でV6の井ノ原快彦(43)とともに司会を務めた国分は「緊張感もすごくあったんですけども、滝沢からも『明るい葬儀にしませんか?』というような話があった」と、滝沢秀明氏(37)から提案があったことを明かした。「僕とイノッチが(司会に)選ばれたということは、間違いなく“明るい葬儀にしてください”というメッセージなんだろうな」とも話した。

 また、祭壇はステージをイメージしており、「今回はジャニーさんを僕らがバックアップするよ、という形。見ているお客さんというのが、また僕たち。最後の“ジャニーさんが主役になるライブ”を皆さんで盛り上げましょうという形で葬儀を始めました」とし、「明るい葬儀ができるということが、ジャニーさんの人柄だったんだろうな」と振り返った。

 そして、「一生に1回しかないジャニーさんのライブ(葬儀)の司会をやらせてもらえたってことは、タレント冥利というかジャニーズ冥利に尽きる」と言い、「中間、間延びしたところもあったんですけども、天国でもダメ出ししてるんだろうな」と、感慨深い様子だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月15日のニュース