海老蔵、急性咽頭炎で「七月大歌舞伎」休演 ブログで謝罪「懸命に回復に努めたい」

[ 2019年7月15日 16:22 ]

歌舞伎俳優の市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が15日、予定していた歌舞伎座「七月大歌舞伎」夜の部「星合世十三團(ほしあわせじゅうさんだん)」を体調不良のため休演すると歌舞伎座が同日発表した。同公演は中止となる。海老蔵は発表後にブログを更新。「今日の公演に来ていただく予定だったみなさま。本当に申し訳ありません。ひとまず本日お休みをいただき懸命に回復に努めたいと思います。」とつづった。

 「すみません。声が出なくなりました。休演です。申し訳ない、本当にすみません」と無念の思いを記してから「声を大にして謝りたいです。が、その声が出なくなりました。お医者さんによると、疲労もさることながら、アデノウィルスや菌が声帯に付着してしまい発声困難になりました」と病状を説明した。

 「ここ数日、私の出来るありとあらゆる手段を講じて回復を試みましたが、、ダメでした。無念、制作側と医師と相談し本日の夜の部は急性咽頭炎のため休演とさせていただきます」とし、責任感の強い海老蔵は「歌舞伎俳優として苦渋の決断でございます。今日の公演に来ていただく予定だったみなさま本当に申し訳ありません。明日以降まだどうなるかわかりません。ひとまず本日お休みをいただき懸命に回復に努めたいと思います」とつづった。

 海老蔵は前日から体調不良であることをブログで記しており、前日23時の更新では「休演しないように色々やります」とつづっていた。この日の14時58分の更新では「よろしくお願いします。」というエントリーで、長男の堀越勸玄(かんげん)くん(6)との写真をアップしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2019年7月15日のニュース