柄本佑、菅田将暉の“汚部屋”に大興奮 足の踏み場もなくて「うっひょ~!!」

[ 2019年7月16日 03:50 ]

柄本佑
Photo By スポニチ

 俳優の柄本佑(32)が15日放送の日本テレビ系「しゃべくり007」(月曜後10・00)に出演。親友である俳優の菅田将暉(26)の“汚部屋”について暴露した。

 元々、面識はなかったが映画「アルキメデスの大戦」での共演ですぐに仲良くなったという2人。番組ではお互いのことを「菅田氏~」「えもたす~」と呼び合う場面も。
 
 プライベートで俳優の奥野瑛太(33)を加えた3人でよく遊ぶと言い、菅田宅を訪れた際、その汚さに驚いたという。柄本は、自身と奥野が既婚者であることを前置きし、菅田の部屋を“男の夢”と評した。「足の踏み場もないといった感じで、台所のシンクには食器がびっしりって置いてあるんですよ。うっひょ~!!って」と鼻息を荒くして語り、共演者を仰天させた。

 続けて、「でっかいごみ袋が置いてあって開きっぱなしなんですけど、そこにコンビニのアイスコーヒーの容器がそのまま捨ててあったりして。そして、トイレに行くとトイレットペーパーがビリビリのダルンダルンの状態で、思わず『奥野氏~!』と叫びました」と打ち明け、2人で大喜びしたという柄本。

 MCの「くりぃむしちゅ~」上田晋也(49)が菅田に「普通そんなに部屋汚れてたら呼ばないでしょ」と問いかけると、菅田は「いや、この2人にだったらありのままの自分の姿を見せていいかもと思った」と話した。

 「とにかく部屋には夢が詰まってました」と話す柄本に、上田は「夢じゃなくて、ゴミが詰まってるんだよ!」とツッコみ、スタジオの笑いを誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2019年7月15日のニュース