助演女優賞 松岡茉優 意欲満々「今度は主演女優賞をもらえるんじゃないかなって」

[ 2019年1月21日 05:00 ]

第61回ブルーリボン賞

「万引き家族」「ちはやふる」でブルーリボン賞助演女優賞を受賞した松岡茉優(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 「万引き家族」「ちはやふる―結び―」の松岡茉優(23)が、初の助演女優賞。「いつか出たい」と願ってきた是枝裕和監督作品で勝ち取った。

 万引で生計を立てる一家の中で、「JK見学」の店で働く女の子を演じた。祖母役は樹木希林さん。「監督の言葉ですけど、樹木さんは台本が捉えきれなかったことまで捉えて、演出して、お芝居をされる。まだ自分は台本で精いっぱいですから」と話し、身をもって凄さを感じた。

 「“どうすればもっと本がもっと良くなるのか”と考えていける人になれたら、今度は主演女優賞をもらえるんじゃないかなって思います。主演女優賞だと次の授賞式で司会をできるんですよね?出番ですね!」とニッコリ。意欲満々に主演賞を狙う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2019年1月21日のニュース