沢田研二、満員武道館でファンに9回お辞儀…3日連続公演完走で感謝「支えてくれてありがとう」

[ 2019年1月21日 19:10 ]

歌手の沢田研二
Photo By スポニチ

 昨年10月のさいたまスーパーアリーナ(SA)公演を空席が目立つとしてドタキャンした沢田研二(70)が21日、東京・日本武道館での3日連続公演を締めくくった。

 平日の午後3時開演にもかかわらず、客席はほぼ満席で「70歳になってもこうしていっぱいのお客さんの前で歌えるというのは幸せ」と感激。自身の肝いりで企画した武道館3日連続公演が盛況に終わったことに「今まで頑張ってきたからこそやってみたかった。ムチャ振りだったと思いますが、支えてくれてありがとう」と、客席を埋めてくれたファンに9回も頭を下げて感謝した。

 「お世話になった人がたくさん亡くなった。(ムッシュ)かまやつさんも、平尾昌晃さんも、井上堯之さんも」としんみり。「いつどうなるか分からない」とし、自身は「少なくともあと10年は歌っていく」と誓った。最後は「ジュリー」コールを浴びながら投げキスを4回してステージを立ち去った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年1月21日のニュース