伊原六花に“ライバル”出現!?ガリットチュウ福島の「十六花」に大喜び

[ 2019年1月21日 12:26 ]

「センチュリー21新ブランドCM発表会」に出席した伊原六花(左)、ガリットチュウ・福島善成
Photo By スポニチ

 女優の伊原六花(19)が21日、都内で「センチュリー21新ブランドCM発表会」に出席した。昨年2月から同社のイメージキャラクターを務める伊原は、この日から放送される新CMでは歌手デビュー第1弾の楽曲「Wingbeats」と旗を使ったダンスを披露している。

 プロデュースは「MONDO GROSSO」の大沢伸一(51)で「曲を聴いた瞬間から歌詞もメロディーもすてきで…。新しいことに挑戦する人の背中を押してくれるような楽曲になっています」と話した。

 かつて「バブリーダンス」で注目された大阪府立登美丘高校ダンス部の元主将だけに、ダンスはお手のものの伊原。早くも次期イメージキャラクターの座を狙う“ライバル”が現れた。イベントには、お笑い芸人の「ガリットチュウ」の福島善成(41)が「きょうのために牛丼16杯食べてきました」と登場。「子どもが小6で塾に行きはじめたので、負けられない」気合いを見せた。「十六花です」と名乗り、伊原のものまねで台湾の交通誘導員にインスピレーションを受けたというダンスを披露。伊原は「ものまねをしてもらうのは初めて。うれしいです」と大喜びしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月21日のニュース