胃腸炎とインフル併発で緊急入院の岡崎体育 回復と退院報告「意識混濁状態」大阪公演中止を謝罪

[ 2019年1月21日 21:30 ]

岡崎体育
Photo By スポニチ

 今月18日にNHK大阪ホールで行う予定だったホールワンマンツアー「エキスパート」大阪公演を体調不良のため急きょ中止したシンガー・ソングライターの岡崎体育(29)が21日、自身のツイッターを更新。ウイルス性胃腸炎とインフルエンザA型を併発し、緊急入院したことが公式サイトで発表されたが、本人は退院を報告した。

 「先日の大阪公演の日、ウイルス性胃腸炎とインフルエンザA型を併発してしまい、ライブを中止して緊急入院しました。熱が42度近くまで上がり、意識混濁状態だったのですが、今は回復して退院することができました。ご心配とご迷惑をおかけしてしまい、本当に申し訳ございませんでした」

 ツアーファイナルとなる25日の東京公演(NHKホール)は予定通り実施する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年1月21日のニュース