磯丸水産の人気メニューを考案した芸人とは?何気ない発想で“伝説の男”に

[ 2018年12月18日 22:51 ]

福山雅治
Photo By スポニチ

 歌手の福山雅治(49)が17日放送の日本テレビ「ご参考までに。4MC福山雅治・バカリズム衝撃実話をドラマ化してみました…」(深夜0・09)に出演。磯丸水産に関する実話について、ドラマ化できるのかジャッジを下した。

 同番組は、日本テレビの朝の情報番組「ZIP!」内で放送されているドラマ「生田家の朝」とのコラボ番組。企画・プロデュース・主題歌を担当する福山と脚本を担当するバカリズムが、朝ドラマ第2弾の参考にすべく“朝”にスポットを当てた実話を“ドラマ化できるか”判断する内容となっている。

 今回ターゲットになったのは、24時間営業の居酒屋「磯丸水産」の“朝”。同店は魚介類が豊富で、レトロな内装がインスタ映えすると人気に。09年の1号店オープンからわずか9年で全国121店舗にまで拡大。年商は368億円まで伸ばしている。

 磯丸水産の朝に注目して見ると、なぜか「蟹味噌甲羅焼」と「蟹チャーハン」のセットを注文するお客が続出。蟹味噌をチャーハンの上にぶっかけるスタイルが人気を呼んでいた。ちまたでは“極めチャーハン”とも呼ばれているこの組み合わせ。考案したのはケンドーコバヤシで、インタビューを受けた店員は「足を向けて寝られない」とも。芸人仲間らがこの食べ方を拡散したり、自身のラジオでも紹介したことで人気が爆発。特に関西エリアでは大ブームになり、番組内では「磯丸伝説の男」とも呼ばれていた。

 福山のジャッジは「ドラマ化可能」。福山ドラマにケンコバが出演する日も近いかも?

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年12月18日のニュース