藤井聡太七段 夕食は“ラッキー飯”バターライス 順位戦C級1組

[ 2018年12月18日 18:36 ]

大阪市内の関西将棋会館で19日行われている順位戦C級1組。藤井聡太七段が注文した、会館1階の洋食「イレブン」のバターライス
Photo By スポニチ

 大阪市内の関西将棋会館で行われている順位戦C級1組で19日、藤井聡太七段(16)が門倉啓太五段(31)と対局。午後6時から夕食休憩に入った。

 藤井は会館1階の洋食「イレブン」のバターライス(サラダ、スープ付き、900円)をオーダー。前回に注文したのは9月25日、青嶋未来五段(23)との新人王戦準決勝の昼食時。その時は勝って、初の決勝三番勝負進出を決め、後の新人王獲得に繋げた“ラッキー飯”だ。

 対する門倉は、会館近くにある「やまがそば」の肉なんばうどん定食(780円)を頼んだ。

 この日の“勝負メシ”は昼食、夕食の2回。藤井の昼食は「やまがそば」の他人丼と天かす抜きの温そばセット(830円)。門倉が「イレブン」のサービスランチ(この日は一口カツ、900円)だった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月18日のニュース