中国の美女“栗子”ことロン・モンロウ あの名曲をカバー「私も架け橋に」

[ 2018年12月18日 14:00 ]

文化放送社長会見にゲストとして出席した龍夢柔(ロン・モンロウ)
Photo By スポニチ

 話題の中国人美女“栗子”こと龍夢柔(ロン・モンロウ=24)が18日、浜松町の文化放社長定例会見にゲストとして登場した。

 モンロウは7日に台湾の歌手テレサ・テン生誕65周年を記念してのヒット曲「時の流れに身をまかせ」を日本語と中国語カバーを全世界音楽配信でリリースした。

 モンロウは「この曲は初めて練習した曲です。母もテレサ・テンさんが大好きです。昔からよく聴いていました。この曲は私にとってとても大事です。今回はカバーすることができてとても光栄です」と覚えたばかりの日本語で思いの丈を述べた。

 また、テレサ・テンについて「歌がうまくてどの曲を聴いても感動します。アジアを代表する歌姫で、国際的にも活躍しました」とし、「私も日本と中国の架け橋になりたい」と目標を掲げた。

 今年1年はチャレンジの年だったというモンロウ。「中国の小さな村から日本に来ることができて幸せだと思います」。来年は「自分のオリジナルやさまざまなジャンルの音楽に挑戦してきたい」と意気込んだ。

 日本の音楽で影響を受けたのは、DA PUMPの「U.S.A」だという。「たくさん聴きました。聴いているだけで気持ちが盛り上がるので、とてもいいですね」と笑顔をほころばせた。

 モンロウは中国・湖南省の少数民族のトウチャ族に生まれ、わずか160世帯しかいない山村で育つ。村に伝わる伝統の山歌を聴きながら過ごし、大学進学のため上海へ。2014年、国営中国中央テレビのオーディション番組でグランプリを獲得。日本では“栗子”のハンドルネームで活動し話題に。動画アプリ「TikTok」ではフォロワー数10万人を超える。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2018年12月18日のニュース