平尾昌晃さん三男、遺産問題で怒りの会見 後妻の著作権料管理「悪質」「天国の父のために」訴え

[ 2018年9月25日 13:01 ]

作曲家の平尾昌晃さん(左)と三男で歌手の平尾勇気
Photo By スポニチ

 昨年7月に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の三男で歌手の平尾勇気(37)が25日、都内で会見を行い、平尾さんの遺産を巡るトラブルについて事情説明した。勇気は22日までに平尾さんの3人目の妻で50代の元チーフマネジャーを相手取って法的措置をとっている。

 3人目の妻は昨年10月に平尾さんの音楽事務所と音楽出版会社の2つの会社社長に就任。印税に関わる著作権や音楽出版権を管理する立場となった。平尾さんは五木ひろし(70)の「よこはま・たそがれ」や小柳ルミ子(66)の「瀬戸の花嫁」など多数の大ヒット曲を手掛け、著作権などで入る印税は年間1億円以上にのぼるとみられる。

 2つの会社の株主でもある勇気は、妻が社長就任を巡り不正に株式を操作したなどとして、東京地裁に「取締役の職務執行停止」を申し立て、受理された。

 会見には勇気本人と、弁護士、公認会計士、勇気が所属する個人事務所代表が出席。はじめに勇気が声明文を読み上げ「相続に対し、多くの疑惑を解明するために申し立てを行った」とし「この会見は無駄であっても、これから相続に直面する皆様に相続の危険性を知ってもらい、天国の父のためにも、そして何より父の血を受け継いだ兄弟が笑顔で会えることを願っての行動です」と思いを打ち明けた。

 勇気側は「株主総会、取締役会を開かずに2つの会社の代表取締役になったのは違法性がある」「平尾さんの著作権料の独占や法外な役員報酬の流出など数々の悪質な行為がある」と主張。弁護士は勇気が訴訟を起こした意図について「平尾さんの遺産分割を正しく行ってほしいということ。勇気が独り占めしたいのではなく、法律で決められた配分にしてほしい」と説明した。

 平尾さんは最初の妻との間に長男、再婚した元歌手・小沢深雪さんとの間に次男と三男の勇気をもうけた。13年に約20年マネジャーを務めた女性と3度目の結婚をした。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年9月25日のニュース