藤井七段“勝負メシ”はバターライス 値段では青嶋五段が圧倒

[ 2018年9月25日 12:05 ]

藤井聡太七段が頼んだ勝負メシ、会館1階にある洋食「イレブン」バターライス(サラダ、スープ付き、900円)
Photo By スポニチ

 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が登場した、25日に大阪市内の関西将棋会館で指されている新人王戦準決勝。

 今期が新人王獲得のラストチャンスとなるが、昼食の“勝負メシ”に選んだのは、会館1階の洋食「イレブン」のバターライス(スープ、サラダ付き、900円)だった。

 一方、対局相手の青嶋未来五段(23)も同店だったが、オーダーしたのはヤキニク(1450円)とAセット(ライス&味噌汁、300円)。昼食の値段では藤井を圧倒した。

 持ち時間は各3時間。本日午後に終局見込み。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月25日のニュース