藤井聡太七段 最後の新人王戦決勝進出 決勝三番勝負の相手は出口若武三段

[ 2018年9月25日 16:32 ]

大阪市内の関西将棋会館で指された新人王戦の準決勝で青嶋未来五段(手前)を破って決勝進出を決めた藤井聡太七段
Photo By スポニチ

 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が25日、大阪市内の関西将棋会館で指された新人王戦準決勝で青嶋未来五段(23)を114手で破り、決勝進出を決めた。

 青嶋とはこの日が初手合いで、中盤からリードを広げ、危なげなく押し切った。残すは先に2勝した方が優勝者となる決勝の三番勝負(第1局は10月10日)のみ。「あまり意識しすぎても仕方ない。自然体で臨めたら。(番勝負が公式戦で初体験となることにも)その分、落ち着いて指せるかなと思う」とまったく不安はなさそう。

 対戦相手は、まだ奨励会(プロ棋士養成機関)の身ながら、別ブロックを勝ち上がってきた出口若武三段(23)。過去に一度、自身が一期抜けしてプロになった16年の三段リーグで対戦し、その時は勝っている。その時とは違って、今は自身がはるかに“格上”だが「しっかりと全力を尽くしたい」。慢心という2文字は、藤井の心にはないようだ。

 3つある“若手棋戦”の1つ、新人王戦には「六段以下」などの資格規定がある。藤井は参加決定時は条件を満たしていたが、その後、七段までスピード昇段したため来期以降は参加は不可。そのため今期が“新人王”の肩書きを得るラストチャンスとなっている。

 今期成績は21勝5敗、通算成績は92勝17敗。

 ▼出口武若三段 この様な場で対局ができることに感謝しています。藤井七段はとても強いですが、全力を尽くして頑張ります。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月25日のニュース