テレ朝会長 「報ステ」卒業の小川アナに言及 富川アナとの不仲説は否定

[ 2018年9月25日 15:04 ]

テレビ朝日の社屋
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の早河洋会長兼CEO(74)が25日、東京・六本木の同局で行われた定例社長会見に出席。9月末で「報道ステーション」のサブキャスターを卒業する同局の小川彩佳アナウンサー(33)について言及した。

 小川アナは10月からAbema TVの情報番組「Abema Prime」(月〜金曜後9・00)のキャスターを務める。「私どもには60人ぐらいアナウンサーがいて、それがずっと定年まで張り付いていることはない。春と秋の改編期によりふさわしい人間を配置する。そのかわり、その数では足りない」とし、「小川くんがAbemaプライムのほうに異動するが、彼女は(報道ステーションを)7年間(務めた)、よく頑張ったんです。インターネットの世界はこれからの伸び率も非常に高い世界なので、アベマプライムって結構大変なんです。個性的なキャラクターが出ていて、それをニュースをあれこれと議論する。そういう厳しいところでやってもらって、さらに大きく成長してもらいたい。また成長すれば、メインロードというか、ベルト番組とかに立ち戻ればいいんではないかという判断を現場がしたということ」と説明した。

 小川アナに関しては、一部で富川悠太アナ(41)との不仲も伝えられている。これについては「富川くんとの仲について聞いてませんし、事実ではないと思う。風評のたぐいだと思う」と否定した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年9月25日のニュース