平尾昌晃さん3番目の妻、遺産問題に回答 JASRAC単独の相続手続き「私の単純ミス」

[ 2018年9月25日 16:23 ]

作曲家の平尾昌晃さん
Photo By スポニチ

 昨年7月に死去した作曲家・平尾昌晃さん(享年79)の三男で歌手の平尾勇気(37)が25日、都内で会見を行い、平尾さんの遺産を巡るトラブルについて事情説明した。勇気は22日までに平尾さんの3人目の妻で50代の元チーフマネジャーMさんを相手取って法的措置をとっている。同日、Mさん側が報道各社にファクスで「回答書」を送付。争点部分について回答した。

 主な回答内容は以下の通り。

◆銀行口座の一つに関して

 「受取人が空欄のまま平尾昌晃さんのご子息に印を押させたことがあるか」については、そのようなことはありません。

◆JASRAC(日本音楽著作権協会)の同意書に関して

 JASRACの同意書が「単独用」と「共同用」の2つがあるにもかかわらず、「単独用」を使用したのおは、この手続に関して初めてのことであったので、私の単純ミスでした。このことを指摘され、私の意思は法定相続分で分配することが真意ですので、すみやかに相続人4名が法定相続分で継承する手続をとりました。

 本年5月21日に著作権使用について相続人4名で法定相続分通り分配する確認書を作成し、そのときにそれまでの著作権使用料を分配できました。そのとき、相続人全員で相続税の申告をし、相続税を支払いました。

◆(息子側が望んだ)親子共演に関してNGにした件

 親子共演について事務所内で検討したことはありますが、歌番組の親子共演ではなかったので、最終的に平尾昌晃自身が出演しないことを決定しました。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2018年9月25日のニュース