×

ポニーリーグ

月刊ポニーリーグ9月号 京都 初の4強進出ならず 強打の竹中清真は2戦4安打 全日本選手権

[ 2020年9月29日 05:42 ]

ポニーリーグの全日本選手権大会2回戦・市原戦で決勝の先制3ランを放った京都・竹中清真捕手
Photo By スポニチ

 関西地区2位として全日本選手権に出場した京都は2年生4番・竹中清真捕手の先制3ランなどで、初戦の2回戦で強豪・市原を撃破。山本征司監督は「かなり緊張感がある中、竹中のホームランで盛り上がった。歴史あるチームに勝てたことはうれしい」とナインを称えた。

 その勢いで準々決勝・千葉ジャガーズ戦に臨んだが、投手陣が10四死球を出す乱調で5回コールド負けを喫した。チームとして初の4強入りを逃したが、指揮官は「2年生は来年リベンジするために、忘れてはいけない試合になりました」と今後の糧とするよう新チームに奮起を促した。2試合で4安打を放った竹中は、関西地区屈指のスラッガー。「見逃し三振が一つあったので、それが悔しい」と飽くなき向上心を見せた。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る