コロナ陽性の日本ハム・西川の隔離期間終了 チームには合流せず当面は自主練習

[ 2021年5月6日 18:25 ]

日本ハムの西川遥輝
Photo By スポニチ

 日本ハムは6日、新型コロナウイルスの陽性判定を受けた西川遥輝内野手(29)が、札幌市保健所の指示による隔離期間を終了したと発表した。今後チームには合流せず、当面は自主練習を行う。

 西川は4月30日に札幌ドーム到着時の検温で37・8度あり、PCR検査を受けたところ陽性判定を受け、チームから隔離されていた。

 この日、プロ野球12球団と日本野球機構(NPB)は臨時実行委員会を行い、日本ハムが7日の楽天戦(札幌ドーム)を実施することを確認。5、6日のPCR検査で新たな陽性者は確認されず、札幌市保健所から活動再開が認められた。チームは6日、ポジション別で非公開の練習を実施した。

 チームは新型コロナウイルスの感染者が計13人(5日現在)にまで拡大。2日の西武戦(札幌ドーム)、3日からのロッテ3連戦(ZOZOマリン)が中止となり、札幌市保健所の指示を受けて公式戦期間中ではプロ野球で初となる活動停止となっていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月6日のニュース