広島・石原 初マルチに守備では初の二盗阻止も、9回の許盗塁を反省「刺さないといけなかった」

[ 2021年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0ー4巨人 ( 2021年5月5日    マツダ )

<広・巨(9)>7回2死、石原は中前打を放ち一塁に向かう (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 2試合連続で先発マスクをかぶった広島・石原が存在感を示した。

 5、7回にサンチェスから中前打し、2年目で初のマルチ安打。「甘い球を積極的に仕留められたのは良かった」。守備では2回2死一塁で若林の二盗を防いで初の盗塁阻止も、9回に代走・吉川に許した二盗が追加点につながり「刺さないといけなかった」と悔やんだ。

 会沢の離脱後2試合を坂倉ではなく石原を起用した河田ヘッドコーチは「ここで何とかレギュラーを勝ち取るぐらいの(活躍を)期待している」と発破をかけた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月6日のニュース