阪神・マルテ 大山離脱の穴埋める!3戦連続適時打が2戦連続の先制打

[ 2021年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー2ヤクルト ( 2021年5月5日    神宮 )

阪神・マルテ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 白星にはつながらなかったが、阪神・マルテの勝負強さが光った。3回2死満塁から奥川の外角速球を右前に運び、走者2人を還した。3試合連続適時打が2試合連続の先制打となり、「近本や糸原が、いいシチュエーションを作ってくれるから、いつもチームのみんなの期待に応えたいと思って打席に入っているよ」と胸を張った。

 一塁守備でも5回無死一、二塁から奥川のバントをチャージして素早く三塁へ送球して封殺した。ただ好機の打席は3回だけ。6、9回はいずれも回の先頭で凡退し、「勝てなかったことが悔しいよ」と残念がった。後ろを打つ大山が一時離脱となるだけに好調ぶりは頼もしく、矢野監督も「もうずっと評価しているよ。四球も選んで、つないで還して。申し分ない」と信頼を寄せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月6日のニュース