ソフトバンク・和田 今季自己最短5回5失点KO 工藤監督「少しあけた方が」

[ 2021年5月6日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク5―5楽天 ( 2021年5月5日    ペイペイD )

<ソ・楽>初回、鈴木大に左中間越え二塁打を打たれガックリの和田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の和田は今季自己最短の5回で降板した。今季自己ワーストの5失点。7安打も今季2番目に悪い数字となった。

 立ち上がりから制球が乱れ、2回1死から2四死球と4安打を集中され4点を失った。「2回の失点がすべて。申し訳ありません」と悔やんだ。

 工藤監督は「(来週から)週5試合になるので少しあけた方が、と。(1軍に)同行しながら、いい調整を」と左腕の今後のプランを説明。先発要員を減らし、疲労も考慮して出場選手登録を近く抹消する可能性が高い。和田は40歳。次の登板は十分な登板間隔をとって、16日以降の先発となりそうだ。

 また、火曜日に先発を任されてきた笠谷に中継ぎ転換を通達。11日の火曜日(ロッテ戦)は、武田が先発する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月6日のニュース