作新学院・林 投打に活躍 関東大会切符勝ち取る

[ 2021年5月6日 05:30 ]

春季高校野球栃木県大会準決勝   作新学院5―4宇都宮工 ( 2021年5月5日    宇都宮清原 )

カットボールを軸に5三振を奪った林(撮影・柳内 遼平)
Photo By スポニチ

 春季高校野球の栃木県大会は準決勝2試合が行われ、作新学院と佐野日大がともに1点差で競り勝ち、関東大会出場を決めた。

 作新学院の右腕・林拓希(3年)は1点リードの6回から登板し、3回1/3を1安打2失点(自責点1)。縦に落ちるカットボールを武器に3者連続を含む5三振を奪い「勝負球を投げ切れた」と胸を張った。同校で2度甲子園に出場した2学年上の兄・勇成投手(現国際武道大)から教わった宝刀と、同校OBの西武・今井を参考にしたというテンポの良さが光った。

 7回は左越えへ高校通算1号となるソロを放ち、バットでも勝利に貢献。他県の強豪と対決する関東大会に向け「今日みたいなリズムをつくれる投球をしたい。どの打者でも抑える」と力強かった。(柳内 遼平)

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月6日のニュース