エンゼルス・大谷 3の0でチームは3連敗 筒香19打席連続で無安打

[ 2021年5月6日 02:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス3ー8レイズ ( 2021年5月4日    アナハイム )

試合前、レイズ・筒香(右)にバットを渡しあいさつするエンゼルス・大谷
Photo By 共同

 登板前日に「2番・DH」で出場したエンゼルスの大谷は3打席連続で外野に大飛球を飛ばしたが、いずれもあとひと伸びが足りなかった。

 初回は左腕マクラナハンの99・9マイル(約161キロ)外角直球を逆らわずに運んだが、左翼フェンス手前で失速。3回は変化球で攻められて中飛に打ち取られ、6回は右腕パティノに左飛だった。チームは3連敗。4失策で両リーグワースト29失策となり、マドン監督は「もっと良くなるはずだ」と語気を強めた。

 レイズの筒香は試合前に大谷からバットをもらうなど、笑顔で交流。6回に代打出場したが、空振り三振で19打席連続無安打となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月6日のニュース