オリックス・由伸、「悔しい」自己ワースト10被安打 防御率パ1位から陥落

[ 2021年5月6日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス2ー6西武 ( 2021年5月5日    メットライフD )

<西・オ(9)>初回2死一、三塁、栗山に先制適時打を浴びた山本(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 オリックスは4月1日以来の勝率5割復帰を逃した。絶対的存在の山本が自己ワースト10安打を浴び、6回1/3で今季最悪の5失点(自責4)。3敗目を喫し「何とか粘って抑えたかったが、悔しい」と悔やんだ。

 珍しく変化球の精度が狂った。本来、打者の手元で鋭く変化する150キロ超のカットボールが、球速140キロ台前半で軌道も不規則。毎回のように走者を背負い、4本の適時打を許した。同期の今井とは通算3度目の投げ合いで初黒星。防御率1.92となり、リーグトップから陥落した。

 中嶋監督は「悪いわけではなかったが、カットが浮いたり制球できていないように見えた」と指摘した。ただ、2連勝で止まっても5カード連続で負け越さず、「(チームとして)調子自体は悪くない。割り切って次、いきます」と切り替えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月6日のニュース