西武・平良、回またぎで今季初セーブ!連続試合HP記録ストップは「知りませんでした」

[ 2021年5月6日 05:30 ]

パ・リーグ   西武6―2オリックス ( 2021年5月5日    メットライフD )

<西・オ>8回途中から登板した平良は、回またぎで試合を締める(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武・平良が4点リードの8回2死二、三塁から登板。モヤを空振り三振に斬ってピンチを脱すると、9回も2三振を奪うなど3者凡退で今季初セーブを挙げた。

 前日の同戦で球団新記録を達成していた連続試合ホールドポイントは14で止まったが「(セーブとは)知りませんでした。いつも通りゼロで抑えようと心掛けたので良かった」と白い歯を見せた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年5月6日のニュース