鯉のはためく季節なのに…広島 ドロ沼6連敗 佐々岡監督「こどもの日に申し訳ない」

[ 2021年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   広島0ー4巨人 ( 2021年5月5日    マツダ )

<広・巨(9)>引き分けを挟んで6連敗の広島・佐々岡監督はガックリ引き揚げる (撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 鯉のぼりの日にも勝てなかった。広島は早くも5度目の零敗を喫し、1分けを挟んでドロ沼の6連敗。この7試合は全て3得点以下と打線が振るわず、佐々岡監督は「打線がね。こういう試合をしていたらダメ。こどもの日に申し訳ない」と焦燥感をにじませた。

 初回先頭の菊池涼が中前打。続く羽月が送りバントを失敗すると、重い空気がまた覆い始める。0―1の7回には、2死一塁で炭谷の中飛を羽月が「太陽(の光)が入った」ため捕れず、2点目を献上。この時点で勝負は決した。

 それにしても打線がつながらない。チーム打率・256はリーグ3位でも、1試合平均3・03得点は同5位。河田ヘッドコーチは「やるべき人間がやってくれないと…というところ。奮起というか結果が出るのを待つしかない」と声を大にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年5月6日のニュース