阪神・近本 ノリノリや!3戦連続マルチで5月の月間打率・583

[ 2021年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー2ヤクルト ( 2021年5月5日    神宮 )

<ヤ・神>5回2死、阪神・近本は中前打を放つ。投手奥川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 上昇ムードにこのまま乗っていく。阪神・近本が5月反攻への手応えをしっかりとつかんだ。3回2死二塁からの四球で攻撃をつなぎ、マルテの右前打で2点目のホームを踏むと、5回は中前打、8回にも足で稼いだ二塁内野安打でアピールした。

 これで4試合連続安打で、複数安打は3試合連続。4月中旬まで打率1割台が続き、打率・222で4月を終えたリードオフマンだが、打撃の修正を重ねて、態勢を整えた。5月3試合で12打数7安打、打率・583と視界は良好だ。

 「得点につながっているという面では、後ろの打者に対して、いいプレッシャーとか打ちやすい状況をつくれているのかな。とにかく得点がチームの勝利につながれば」。出塁率も3割目前。勝利に向けて打席に立つ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月6日のニュース