阪神・佐藤輝 塁上でぼうぜん…痛恨プロ初のけん制死

[ 2021年5月6日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2ー2ヤクルト ( 2021年5月5日    神宮 )

<ヤ・神>7回、けん制死の佐藤輝はガックリした表情を見せる(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 決して集中力を欠いた凡ミスではない。ただ、痛恨のプレーになったことは事実として残る。1点リードの7回2死二塁。好投の青柳に代わって糸井が代打で登場した。追加点が入れば、勝利へ大きく前進する局面。二塁走者が阪神・佐藤輝だった。

 投球前、今野からの素早いけん制球に帰塁が間に合わなかった。プロ初のけん制死。塁上でぼうぜんとするしかなかった。5日ぶり出場の糸井はスイングどころか、1球も投球を見ることなく出番を終えた。

 8回に岩崎が1点差を追いつかれ、15年から5連勝中だった「こどもの日」に今季初の引き分け。ヤクルトに対しても70年以来の開幕7連勝を次回へ持ち越した。結果的に“分岐点”となっても、矢野監督は「流れの中であそこでアウトになるというのはよくない。ただ、相手も凄くうまかった。気を抜いたということでもないんでね」と佐藤輝を責めることはしなかった。

 4日に3度目の2戦連続弾を放ち、球団新人では69年田淵幸一以来の3戦連発での10号到達をかけた一戦だった。偉業達成とはならなかったが、いずれも無安打だった過去2試合と違い、2打席無安打で迎えた7回先頭で今野の内角低めの直球を中前打。梅野の犠打で二塁に進んだ後の不覚だった。

 「テル自身はそういうものを経験にして、次からどうするかの方が大事なので。仕方がないかなと思ってます」

 指揮官はあくまで今後の糧とすることを望んだ。大山の離脱が決まり、2日広島戦のように再び4番に座る可能性もある。まだ開幕から32試合を終えたばかり。取り返すチャンスは、この先いくらでもある。(阪井 日向)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年5月6日のニュース