【ファーム情報】ウエスタン ソフトB・リチャードが本塁打&打点の2冠 防御率トップは阪神・チェン

[ 2021年4月12日 14:32 ]

ソフトバンク・リチャード
Photo By スポニチ

 ウエスタン・リーグは4月11日を終えて中日が9勝7敗で首位。0・5ゲーム差の2位にソフトバンクがつけている。個人成績は以下の通り。

 ☆打撃成績 阪神の育成選手・小野寺が打率・341でリーグ1位。広島・小園が同・340で続く。本塁打はソフトバンク・リチャードが5本で独走。15打点もトップとリーグ2冠だ。盗塁は広島・羽月が早くも2桁の10盗塁をマークしている。

 ☆投手成績 勝利数は中日・岡野、ソフトバンク・スチュワート、オリックスの育成選手・東、広島・高橋昂が2勝でトップ。防御率は阪神・チェンが0・75で1位、阪神・西純が1・38で2位につけている。奪三振は中日・梅津、広島・遠藤が20でトップ併走。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年4月12日のニュース