日本ハム 勝利まで「あと1球」も…追いつかれドロー

[ 2021年4月12日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム4―4オリックス ( 2021年4月11日    京セラD )

<オ・日>9回、宗に同点打を打たれ降板する玉井(右二人目)(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本ハムは9回、勝利まで「あと1球」だった。1点を返されて4―2となり、なお2死一、三塁。玉井が宗をカウント1―2と追い込んだが、暴投で一塁走者に二進され、同点を防ぐため外野が前進したところで右中間三塁打を浴びた。

 前日10日まで3連投の宮西、2連投の杉浦を「使わないと決めていた」と栗山監督。試合後のベンチでは捕手の清水が悔しさをあらわに、しばらくうなだれていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース