青学大の1年生・佐々木泰は3戦連発ならずも2安打 「うまくセンター返しで打てた」

[ 2021年4月12日 19:08 ]

東都大学野球・第3週第1日   中大9―4青学大 ( 2021年4月12日    神宮 )

<青学大・中大>4回無死、二塁打を放つ青学大・佐々木(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 青学大の1年生・佐々木泰はデビュー戦から3戦連続本塁打とはならなかったが「5番・三塁」で先発し、4打数2安打の活躍を見せた。

 4回は直球を左中間へ運ぶ二塁打を放ち「カウント的にも真っすぐがくると思った。真っすぐをうまくセンター返しで打てた」と振り返った。

 県岐阜商では昨夏の甲子園交流試合の明豊戦で、大会1号となる左中間本塁打。高校通算41発の長打力を「戦国東都」の舞台でも発揮。5日の立正大との1戦目は決勝2ラン、9日の2戦目ではソロとデビューから2戦連続でアーチを架けた。

 打撃は好調を維持したが、2回は三塁の守備で悪送球の失策を記録し「技術もだが、精神的にも強くなりたい
」と守備面の課題を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース