市和歌山・小園が夏に向けて動き始めた 春季大会の初戦で1イニング登板「全力を出しました」

[ 2021年4月12日 05:30 ]

春季高校野球和歌山大会 2回戦   市和歌山9ー1橋本(7回コールド) ( 2021年4月11日    紀三井寺 )

<市和歌山・橋本>7回に救援し1回無失点に抑えた市和歌山・小園健太
Photo By スポニチ

 今春選抜に出場した市和歌山の今秋ドラフト候補右腕、小園健太が春季大会の初戦の7回に救援登板し、1回を完璧に抑えた。プロ2球団のスカウトが視察する前で全12球のうち直球が11球。最速144キロを計測し、二ゴロ、左飛、空振り三振の内容だった。

 「コンディション的にはあまり良くなかったんですけど、全力を出しました」

 前日10日の耐久との練習試合で2回を投げて実質的には“連投”。選抜では甲子園のマウンドを初めて踏み、「体も心も相当、疲れました」と本音も。「投げる試合は全て無失点に抑えるという気持ちでこれからやっていかないと」と意気込んでいた再出発の一戦で覚悟を結果で示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース