13日の日本ハム戦に先発する西武・松本が調整 「真っすぐの強さは自信をもっていい状態」

[ 2021年4月12日 15:27 ]

13日の日本ハム戦に向けてメットライフドームで調整する西武松本(球団提供)
Photo By 提供写真

 西武の松本航投手(24)が、13日の日本ハム戦(メットライフドーム)に向けてキャッチボールなどで調整。「真っすぐの強さは、自信を持っていい状態だと思っています」と自信をみせた。

 一方で課題の変化球については、この1週間でカウントを取れるよう練習を繰り返した。前回対戦した3月30日は6回途中3失点で今季初勝利。それでもピンチを広げての降板だっただけに「勝たせていただいたようなもの。連打を浴びてしまったので、しっかり一つずつアウトを取っていきたいですし、打たれてもしっかり切り替えができるようにやっていきたい」と見通した。

 ここまで2試合に先発し、1勝1敗。前回6日の楽天戦は4回で5四球を与え、2失点。90球を要すなど、苦しんでおり「当日の調子にもよりますが、(試合の入りでは)いいボールを見極めて、強気で投げ込んでいければ。早いカウントで勝負をしながら、狙うところでは三振を狙うような投球をしていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース