巨人の代走の切り札・増田大、プロ110打席目で待望初アーチ!「こんなに楽に…」ゆっくりと本塁へ

[ 2021年4月12日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人9ー0広島 ( 2021年4月11日    マツダ )

<広・巨>5回、増田大がプロ入り1号2ランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の代走の切り札・増田大が6年目、通算110打席目でプロアーチをかけた。

 「8番・二塁」で今季初先発出場。5回2死二塁、中田から左翼に1号2ランを放った。全力疾走で一塁を回り、二塁手前で塁審の手が回っているのを確認。「マジか!よっしゃーと。めっちゃうれしかった」と振り返った。

 その後はゆっくりと本塁へ向かい「ホームランバッターはうらやましいなと、こんなに楽に走れるのは」と足のスペシャリストらしい冗談で笑わせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース