まるで打ち出の小槌だ 阪神・糸原が今季4度目猛打賞で打率4割乗せる「じわじわ、いい攻撃できた」

[ 2021年4月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3ー2DeNA ( 2021年4月11日    横浜 )

<D・神>1回1死二、三塁、敵失で生還した糸原はナインとポーズを決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 好調を維持する阪神・糸原の勢いは止まらない。つなぎの打撃で3安打1盗塁。2番打者の役割を全うし、充実感をにじませた。

 「立ち上がりに近本が出てつなげたというのは、相手も絶対立ち上がり嫌だと思うので、じわじわ、いい攻撃ができたかなと思う」

 初回無死一塁ではカウント1―2と追い込まれてから阪口の外角に逃げていく変化球にタイミングを合わせて右前打。マルテがフルカウントから見逃し三振に倒れた6球目には二塁走者の近本と重盗を成功させ、好機を広げた。大山の遊ゴロでは大和の一塁悪送球の間に2点目の生還。“チカイト”コンビで先制攻撃を決めた。

 「自分の仕事を全うするだけだと思っている。後ろのマルテが球数を稼いでくれるので、逆に積極的にいけるところはいこうと今年は思っているので、それがいい結果につながっていると思う」

 3回先頭では2球目の高めカーブを中前へ、5回先頭でもカウント3―1から一塁強襲の内野安打を放ち、7日の巨人戦以来、4試合ぶりの3安打。猛打賞は早くも4度目を数え、広島・菊池涼、DeNA・牧に並んでリーグ最多だ。

 8日の巨人戦で開幕からの11試合連続安打で止まっても、小休止は2試合だけ。10日から2安打、3安打の再加速で4日ぶりに打率4割の大台へ戻した。3回には桑原の二塁右への鋭いゴロを好処理。攻守で存在感を見せつけた。体調面を配慮されて9日は3―0の5回で早々に交代。首脳陣の思いに応える働きぶりが光る。(長谷川 凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース