猛虎のブルペンに「想定外」はなし 「勝利の方程式」決まり、先制すれば11戦全勝

[ 2021年4月12日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3ー2DeNA ( 2021年4月11日    横浜 )

<D・神>9回を締めた阪神・スアレスは梅野とエアタッチをかわす(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 僅差をしっかり逃げ切った。8回を任された阪神・岩崎は1死一、二塁から佐野に右前適時打を浴び、1点差に迫られてから粘った。続く宮崎を低めのチェンジアップで投ゴロ併殺。最大の危機を乗り切った。バトンを受けたスアレスは打者3人を完璧に抑え、3セーブ目を挙げた。

 「1点差のタフなゲーム展開だったけれど、いつも通り自分の仕事に集中した。セーブという形で連勝に貢献できて良かったね」

 関根をチェンジアップで見逃し三振、倉本もチェンジアップで投ゴロ。最後は嶺井を外角スライダーで空振り三振に仕留める圧巻の内容だった。

 7回1死でガンケルを救援した岩貞も2死一、二塁を抑え、「0点で抑えることができて良かった」とうなずいた。先制すれば11戦全勝。独走態勢の確立へ、死角は見当たらない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース