DeNA「目で殺す」作業の怠りが招いた同一カード3連敗…先発・阪口、簡単に盗塁許し初回失点

[ 2021年4月12日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2ー3阪神 ( 2021年4月11日    横浜 )

<D・神>初回を投げを終えベンチに戻る阪口(右)と戸柱(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 【追球ズーム ここにFOCUS】「目で殺す」。野球で走者を塁にくぎ付けにする際に、たびたび使われる言葉である。DeNAの同一カード3連敗は「目で殺す」をおろそかにした典型だった。

 初回無死一、二塁。4年目の22歳右腕・阪口は阪神の3番・マルテを5球目でフルカウントとした。6球目。セットポジションで約6・3秒静止。長く持ったのは打者との間合いを変えるため。一方で、阪口は走者を目視して「目で殺す」作業を怠った。背後の二塁走者、阪神・近本は投球動作を起こす直前にスタート。マルテは見逃し三振も重盗に成功、直後の遊失で2点を失った。三浦監督は「余裕がなかった。あそこでフォームを盗まれるのは少し…。初戦の浜口もそうだった」と振り返った。

 9日も浜口が近本に三盗を許した初回に3失点。10日はドラフト5位左腕・池谷が9回に3盗塁され3失点した。3連戦で許した盗塁は7。15試合で18許盗塁は12球団ワーストだ。「再確認しないといけない。丁寧にやっていかないと」と指揮官。凡事徹底を欠き、12球団最速10敗となった。(大木 穂高)

 ▼DeNA・牧(4回1死でガンケルから右越え4号ソロ)打ったのはスライダー。とにかく塁に出ようと。感触は良かったが、入るかは分からなかったので懸命に走りました。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース