マリナーズ・雄星 6回2失点 今季初勝利ならずも直球「いい軌道」

[ 2021年4月12日 02:30 ]

ア・リーグ   マリナーズ4―3ツインズ ( 2021年4月10日    ミネアポリス )

ツインズ戦に先発し、6回2失点だったマリナーズ・菊池(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池は6回を5安打2失点。今季初勝利はならなかったが、チームの勝利に貢献した。最速96・6マイル(約155・4キロ)の直球で押し、要所ではカットボールやスライダーを決めた。

 3回に主砲クルーズに同点2ランを浴びたが「一番いい打者だし、調子もいい」と切り替え、4~6回を無安打に封じた。今季初登板に続き、2試合連続のクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)。「直球は去年より、いい軌道で投げられている。押していけている」と自信を漂わせた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース