伊藤将司「自分も多くの方にパワーを」 ジャンボにちなんで命名のゴルフ好き左腕が松山に刺激

[ 2021年4月12日 17:00 ]

<阪神練習>藤浪(右)と笑顔で言葉をかわす伊藤将(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト2位、伊藤将司投手(24)が、日本人男子初となるマスターズ制覇した松山英樹の活躍に刺激を受けた。

 父・正宏さんの憧れだった「ジャンボ尾崎」こと尾崎将司にちなんで「将司」と命名された左腕。趣味はゴルフでベストスコア80の腕前を誇る。海の向こうから届いた快挙に「アジア人初の快挙ですし、本当にすごいことだと思います。松山さんもたくさんの人にパワーを与えられたと思うので、自分も良い結果を出して、少しでも多くの方にパワーを与えられるよう、チームの勝利に貢献できるように頑張りたい」と気合十分。14日の広島戦での登板が予定される。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース